ホーム
ようこそ
事業内容
会社案内
ブランド
お問い合わせ


ターボターフが業界を変えた

1990年にターボターフハイドロシーディングシステムが登場して造園・種吹き付け分野に大きな変革が起こりました。高性能ユニットは過去従来市場を支配しありました。ハイドロシーダーやハイドロマルチ機に比べ低コストパフォーマンスが可能になりました。新型ターボターフシステムはシンプル・パワフル・軽量・トラブルの少なさ等で市場を開拓、拡大し、世界中の造園・建設業者、ゴルフ場、墓地、公園、学校、砂防請負業者に活用されています。


ハイドロシーディングは最速かつ簡易な種子付法

ハイドロシーディングは草を栽培する上で一番効率の良い方法です。種子・肥料・ハイドロマルチ・粘着性付与剤と水は簡単に作動できます。煩雑なワラの使用は必要ありません。トリミングは迅速かつ簡便です。今まで難儀だったヒルサイドや歩道やカーブも簡単に作業ができます。ターボターフシステムの導入により一人で操作・作業が簡単にできるので人件費も削減されます。

ターボターフは50ガロンから2,000ガロンサイズのユニットの噴射撹拌に最適です。又500・750・1000ガロンのユニットでは高性能機械的な撹拌が実行できます。ターボターフシステムはほとんどの植物・草・野生の花・オオカラスノエンドウや他のグランドカバー類に使用できます。肥料は顆粒状肥料を含め全てに使用できます。ほとんどのハイドロマルチや粘着性付与剤にも使用可能です。ターボターフは深刻な腐食に悩まされる防砂毛布の問題解約に向けてバーチャルスプレーをする製品も手がけています。