ホーム
ようこそ
事業内容
会社案内
ブランド
お問い合わせ

Karen Mabon

キャレンは、彼女の作品を通して、想像もしていなかったような幻想的な物語を織り成します。個性的な手描きキャラクターが住まい、ストーリーが表現された風景が映し出すのは、楽しんで探検できる遊び心のあるデザインのパレット。パレットの中身は、目まぐるしい株式市場の光景、蜂の飛び交う典型的な英国式庭園、研究所から菓子店まで、多様性に富んでいます。



彼女の、アーティストかつデザイナーとしてのスキル・専門知識と、素材やアクセサリーへの情熱を掛け合わせ、キャレンは 芸術とファッションの境界線をぼかしてみせました。キャレンは、身に着けることのできるアートを実質的に作り出しながら、親しみやすく、ユニークで、かつ楽しい作品を生み出すことを楽しんでいるのです。

キャレン・メーボンはスコットランドのブラックアイルで育ちましたが、雨降りの休日に、本や映画、テレビなどに浸って過ごす中で吸収した一般的な参考材料にインスピレーションを受けました。



エジンバラ・カレッジ・オブ・アートで学んだ後、ロンドンにある名門校ロイヤル・カレッジ・オブ・アートに進学したキャレンは、マーガレット・ハウェルやセットデザイナーであるフレド・バトラーを含む数々のトップデザイナー達の元で修行を続けました。2012年に名祖となる彼女自身のレーベルを立ち上げると、彼女の作品は世界中にある数々の業者から即座に認知され、ヴォーグやグラツィアといった雑誌の見出しを飾り、キャレンは定期的にアンソロポロジーやヘンリー・ロイヤル・レガッタなどからコミッションを受け取るようになりました。

キャレンは、少女時代に大衆文化と日常生活から受けたヒントと、ブリューゲル、ホクニー、マーティン・パーから ベン・Niニコルソンに至るまでのアーティスト、フォトグラファー、そしてデザイナーへの幅広い興味を、一緒に描き出しました。彼女の作品の中で、彼女が“日常のロマンス”と定義するものを探してみると、例えばティッピ・ヘドレンが襲い掛かるカモメの群れから逃げている様子など、彼女が受けた影響と、見慣れた参考材料がすぐに認識できます。キャレンの、ありふれた光景の用い方と扱い方の巧みさは、私たちの警戒心を解き、一瞬で笑顔にさせてくれます。 日常にありふれた平凡なものが、キャレンのデザインの中では美しく表現され、グレーハウンドレース、長距離走、そして地を這う毛虫の列でさえ、詩的なビジュアルに変身を遂げるのです。



キャレンは、デザインの中に複雑さと奥深さを生み出すため、手描きイメージの層をいくつも重ねて、一つ一つの構図をきめ細かく組み立てていきます。現代技術と、伝統的なプロセスを掛け合わせることで、彼女の素晴らしい作品をより一層差別化する豊かな風合いを実現させます。同じ模様が繰り返し用いられるのではなく、各々のデザインが、3次元の自然を考慮しつつ生み出された独立かつ完結した構図となっていて、それぞれに別個の物語が込められています。各々の構図には、流動的かつ触覚的な形が映し出されながら、イメージ及び色使いの両方において大きなムーブメントとダイナミズムが込められています。一味違う風景が、伝統的な対称性に反しつつユニークな物語を描き出します。

それぞれの構図のカラーパレットは、各要素が必ず幻想的な色合いとなるように、入念に熟考されています。デザインの本質を発見するためには、もう少し注意深く見てみてください。例えば、ポルカドットは研究所内の錠剤として、幾何学模様は飛行機の軌跡として表されているのです。

キャレンのデザインには、見る者を一瞬で魅了します。独自性と空想、そしてちょっぴり茶目っ気のある世界に漬け込みながら。