ホーム
ようこそ
事業内容
会社案内
ブランド
お問い合わせ

蔵元 稲田本店

江戸時代より続く鳥取県米子市にある老舗酒蔵です。地元山陰の地酒文化を守りながら延宝元年(1673年)より現代まで酒造りに精進して参りました。秀峰大山山麓の豊かな自然に囲まれて醸される蔵元の清酒は 『稲田姫』『トップ水雷』の銘柄があります。酒造りに適した風土の中、「いい水」と「いい米」があり、そして酒造りに情熱を傾ける蔵人がいる。これらすべて一体となり『稲田の酒』は生まれます。
稲田本店は、1892年(明治25年)にドイツより技術を導入しビール工場を建設。(日本におけるビール製造開始は明治5年)また1931年(昭和6年)には、冷蔵庫が普及していなかったにも関わらず、全国に先駆け「冷やして飲む」ためのお酒を開発&発売(純米酒『トップ水雷』)。さらに1967年(昭和42年)には、全国に先駆けて精米歩合50%の純米酒を醸造。老舗ながら、チャレンジ精神が旺盛な蔵元といえます。(残念ながらビール工場は火事で全焼し、生産を断念しました。)
《心で醸す酒造り》
杜氏・信木真一は、先代杜氏・折坂薫の「お酒造りとは心が全てである」という想いを引継ぎ、蔵人一丸となって酒造りをしております。蔵元・稲田本店は 2011年(平成23年)現在で創業338年。さらに100年、200年と酒造りを続けるべく、今も挑戦を続けています。

稲田屋も蔵元と共に末永く皆様に愛されるお店造りを続けてまいります。
※稲田屋が生まれた背景

「自慢の日本酒を 東京で多くのお客様に直接飲んでいただきたい。」
「地元山陰の日本酒文化を守り、続けてきた蔵元をぜひ存続させたい。」
酒造りに従事していた長兄の想いに、東京在住の2人の弟が応える形で、平成9年12月、兄弟で株式会社稲田屋本店を設立しました。
兄弟が飲む時の〆はいつも《蕎麦》。こうして昼は蕎麦、夜は日本酒メインの稲田屋が誕生しました。「蕎麦と酒」の提供を通じて、健康をテーマに「日本酒文化の伝承と普及」を目指します。おかげさまで、日本橋店開店より間もなく15年目を迎えようとしています。

日本神話《ヤマタノオロチ》と清酒『稲田姫』

はるか昔の物語。出雲の国では「ヤマタノオロチ」が暴れ回り、毎年娘を生け贄として捧げていました。ある夏、大和から降り下った「スサノオノミコト」は、美しい娘(稲田姫)の両親から助けを請われます。そこで、強いお酒を八つ用意し、ヤマタノオロチが飲んで酔っ払っているすきに 次々と八つの頭を切り落とし、退治します。その後、スサノオノミコトは稲田姫を伴侶とし、二人の間には沢山の神が生まれ、その子孫はのちのちまで栄えました。
この神話に思いをはせ、永年・丁寧に醸したのが 清酒『稲田姫』です。
スサノオノミコトが稲田姫と夫婦となり新居を構えるときに詠んだ喜びの歌が、日本最古の和歌【八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣造る その八重垣を】二人の新居があったとされる、地元・島根県松江市の《八重垣神社》は、「早く出雲の八重垣様に、縁の結びが願いたい」という出雲の古い民謡で謳われるほど、出雲の縁結びの大神として知られています。祝杯は『稲田姫』が おすすめです。

東郷元帥と清酒『トップ水雷』
1907年(明治40年)、のちの大正天皇の山陰行幸に随行した《東郷平八郎元帥》が蔵元へ立ち寄り、蔵のお酒に『水雷』と命名しました。【水雷一発 轟然ト響ク 一酌ノサケ陶然トシテ 酔ウ】と詠んだと資料が残っています。

そしてのちに、全国に先駆け《冷用酒》を開発・販売するにあたり、この『水雷』に「日本一」になるという想いを込め『トップ水雷』と改名しました。
昭和初期には数々のポスターを印刷、地元の方には稲田姫よりも知られるお酒となりました。いまでも「日本一美味しい酒」造りを心掛けています。


日本酒

超特撰大吟醸『稲田姫』
酒造好適米《山田錦》を38%まで磨き(⇒62%削り)丁寧に醸したことで、スッキリした味わいと、ほのかな吟醸香が特徴のお酒が出来ました。やや辛口ながら“熟れたリンゴ”を想わせるような控えめな香りが、女性のお客様からもご好評いただいています。

マリアージュ : あっさりした料理/食前酒向き
日本酒度 : +6.0 酸度 : 1.1 精米歩合 : 38 % 酒米 : 山田錦
おすすめの料理 : 山陰めぐり,水菜と豆冨とトマトのサラダ
超特撰大吟醸『稲田姫』《しずくどり》
超特撰大吟醸を、より丁寧に手間を惜しまず造ったのが、この《しずくどり》。通常のお酒は、もろみ(酒粕が入った状態)を “やぶた”という機械で搾るのですが(昔は袋に入れて重ねあげ、重みで搾ったそうです)、このお酒は もろみを酒袋に入れて吊るし、自然と滴り落ちてきたしずくをあつめます。そのため雑味がなく、喉をすっと通る時に よりフルーティーな香りをおたのしみいただけます。
同じもろみでも搾り方の違いで、味わいが変わる・・・日本酒の奥深さをご堪能いただけるお酒です。

マリアージュ : あっさりした料理/食前酒向き
日本酒度 : +5.0 酸度 : 1.0 精米歩合 : 38 % 酒米 : 山田錦
特撰大吟醸『稲田姫』
同じ酒米を使う“超特撰大吟醸”より10%米を残した結果か、吟醸香に米のまろやかさが加わり、バナナのようなふくらみを感じる優しい香りのお酒に仕上がりました。口当たりもやわらかで、日本酒初心者の方におすすめのお酒です。

マリアージュ : あっさりした料理/食前・食中酒向き
日本酒度 : +6.0 酸度 : 1.0 精米歩合 : 48 % 酒米 : 山田錦
おすすめの料理 : かまぼこ3種盛,刺身
本醸造大辛口『伯耆の稲魂』
伯耆(ほうき)とは蔵元がある地域のむかしの国名、稲魂(いなだま)とは雷のこと。むかしの人々は “雷が稲穂に魂を込め、稲穂が実る” と信じていたそうです。
蔵元 稲田本店のお酒の中で もっとも辛口でキレがある味わいを“雷”にたとえたのが名前の由来です。

マリアージュ : どんな料理も◎/食中酒
日本酒度 : +9.0 酸度 : 1.5 精米歩合 : 68 % 酒米 : 五百万石
おすすめの料理 : とろはた一夜干し,ハーブ鶏の唐揚げ,牛すじ肉のどて焼き
純米大吟醸『稲田姫』
酒米の最高峰と呼ばれる山田錦を贅沢に使用して醸したお酒です。芳醇な香りとコクがありますが、その味わいは澄んでいて、喉を通る時キリッと辛く感じます。食中酒としておたのしみいただけます。

マリアージュ : 風味の強くない料理/食前・食中酒向き
日本酒度 : +3.0 酸度 : 1.1 精米歩合 : 38 % 酒米 : 山田錦
おすすめの料理 : かまぼこ3種盛,板わかめ
純米吟醸『強力』
蔵元イチオシの純米吟醸酒。鳥取県が誇る酒造好適米「強力米(ごうりきまい)」は穂丈が高く生産困難との事で生産されていませんでした。鳥取大学農学部・木下教授と地元篤農家の方々の協力により、約40年ぶりに復活!!
その味わいは爽やかで喉越しが良く、香りも芳醇。当店で人気1、2位を争うお酒です。

マリアージュ : どんな料理も◎/食前・食中酒向き
日本酒度 : +3.5 酸度 : 1.6 精米歩合 : 55 % 酒米 : 強力
純米吟醸『稲田姫』
お酒の名称に《純米》とつくのは、お米から造った純粋なお酒の証。(純米とつかないお酒はアルコールを入れて味を調えています。)この純米吟醸酒はお米だけで表現できるとは思えない、すっきりした飲み口と新緑を想わせる爽やかな香り。これが人気の秘密です。ぜひお召し上がり下さい。

マリアージュ : どんな料理も◎/食前・食中酒向き
日本酒度 : +4.5 酸度 : 1.5 精米歩合 : 55 % 酒米 : 山田錦
おすすめの料理 : ハーブ鶏の岩塩焼,ぶたポン
純米酒『トップ水雷』
『水雷』のネーミングは、東郷元帥こと《東郷平八郎》氏ゆかりの魚雷の名前からつけたもの。ラベルの文字は東郷元帥直筆の書です。(※詳しくは“蔵元情報”へ)
「お米で造ったんだぞ!」とばかりに どっしりした味わいで、冷やしてもお米の旨味十分。稲田屋ではキリリと冷やしてお出しします。歴女にもぜひお召し上がりいただきたい逸品です。

マリアージュ : どんな料理も◎/食中酒向き
日本酒度 : +5.0 酸度 : 1.5 精米歩合 : 60 % 酒米 : 五百万石
おすすめの料理 : さつまあげ盛合せ,丸干し蛍烏賊
良燗純米『いなたひめ』
燗酒専用に特化させた、ある意味《マニアック》なお酒です。当蔵の歴史にしばしば垣間見られる《チャレンジスピリット》の顕れでしょうか。(※詳しくは蔵元情報へ)コクと酸味のバランスがよく、しっかりした味わいの料理を合わせても 存分にお楽しみいただけるお酒です。

マリアージュ : 濃い味のお料理/食中酒
日本酒度 : +5.0 酸度 : 1.6 精米歩合 : 65 % 酒米 : 玉栄
おすすめの料理 : 牛すじ肉の土手焼き,
本醸造『稲田姫』
冷やして良し、燗につけて良し。この味と香りの絶妙なバランス、こちらも稲田屋イチオシのお酒です。会席コースの《飲み放題プラン》に対応。この美酒を 飲み放題で気兼ねなくお飲みいただけるのは、蔵元直営店ならではと自負しています。

マリアージュ : どんな料理も◎/食中酒
日本酒度 : +4.5 酸度 : 1.6 精米歩合 : 68 % 酒米 : 五百万石
おすすめの料理 : かまぼこ三種盛,大山ハムとポテトサラダの盛合せ,鴨汁せいろ
純米吟醸『稲田姫』《生原酒》
原酒ですので“割り水”をしていませんし、生なので菌も生きています。いわば「桶から汲んだばかりの純米吟醸酒」に近い味わいです。ロックグラスに移して、氷がとけていくごとの味わいの変化をおたのしみいただくのもオツです。

マリアージュ : 何にでも/食前酒・食中酒
日本酒度 : +4.5 酸度 : 1.5 精米歩合 : 55 % 酒米 : 山田錦
純米酒『トップ水雷』《生原酒》
ただでさえ飲み応えのある純米酒。その生原酒は「どっしり辛口」。アルコール度数は18度と さほど強くはありませんが、お米を感じる香りもぎゅっと凝縮され、強いお酒のように感じられます。一緒に《和らぎの水》をお召し上がり下さい。

マリアージュ : 濃い味のお料理/食中酒
日本酒度 : +5.0 酸度 : 1.5 精米歩合 : 60 % 酒米 : 五百万石
おすすめの料理 : 鯖のへしこ,牛すじの土手焼
米焼酎『のん気にくらしなさい』
長期熟成させることで、まろやかな味わいになります。米ならではの丸みある味わいが、さらにふくらみを持ち・・・味も、ゲゲゲのイラストにも癒される、そんな焼酎に仕上がっています。
芋焼酎『なまけ者になりなさい』
甘くやさしい香りの《紅あずま》、力強い味わいの《黄金千貫》、二種類の芋をブレンドして造ります。

まさにいま仕込みの最中ですので、蔵元のブログも是非ご確認下さい!
麦焼酎『あわてずにゆっくりやれ』
“麦特有の香ばしいコクと、すっきりした味わいを兼ね備えた焼酎”を目指して造られました。

慌ただしく毎日を過ごしていることに気付かされる、水木しげる先生の書下ろしラベルも味わいがあります。麦の香りの焼酎で、一息入れませんか?
蕎麦焼酎『がんばるなかれ』
どうせ造るなら 稲田屋の看板料理『蕎麦』と一緒にたのしめる蕎麦焼酎がいい。そんな店からのリクエストに応える形で誕生したのが この蕎麦焼酎。ほのかに香る蕎麦の瑞々しい香りと すっきり軽快な味わいは、さすが蕎麦との相性抜群。

稲田屋の焼酎は蕎麦湯割もご用意しています。これからの季節に、蕎麦湯割 おすすめです。
純米梅酒『百花の魁』
一般的な梅酒は焼酎に漬け込んで造られますが、当蔵では純米酒を使用し、食事と一緒におたのしみいただける梅酒を目指しました。狙い通りの味わいに仕上がり、さらりと飲めるこの梅酒を 《純米梅酒 じゅんまいうめさけ》としました。

紀州みなべの契約農家から仕入れる紀州南高梅と純米酒から生まれる、上品な味わいの純米梅酒。「百花にさきがけて咲く梅のお酒」という名前も人気の『百花の魁』。こちらもイチオシです。